腰部支撑枕头加热 腰部支撑套件

位于我们身体上部的是头,直接支撑这颗硕大头颅重量的是颈椎,颈椎由7块椎骨相连。颈椎之下是由12块椎骨组成的胸椎,胸椎的两侧是肋骨。胸椎之下是由5块椎骨组成的腰椎,腰椎立在骨盆之上。骨盆由左右的髋骨(髋骨的上部叫坐骨),中央的骶骨、尾骨组成,骶骨之上便是腰椎。脊椎对支撑上半身起着重要作用,从腰到颈,就像垒砖似的构造。椎骨和椎骨之间并非靠水泥似的坚硬粘合剂固定,而是靠椎间盘这种软骨性的板夹在骨间,起着类似于软垫的作用。
对非特定性急性疼痛者或亚慢性疼痛者而言,比起安慰剂、常规护理或安慰性针灸,实际针灸的效果并不会更好[60]。对于慢性疼痛患者而言,接受针灸治疗的组别,其疼痛改善的效果大于无治疗的组别,并就改善疼痛的效果而言,接受针灸的患者与接受药物治疗的组别其疗效相近;不过针灸对于失能者没有帮助[60]。这种疼痛改善的效果只展现在刚治疗完的时候,而非其预后[60]。对于慢性疼痛者而言,若保守治疗或药物治疗没有效果,针灸可能是个较可尝试的选项[1][61]。按摩疗法似乎对急性下背痛者没有太大助益[1],但对亚慢性疼痛者与慢性疼痛者可能有帮助,尤其是结合身体锻炼与教育时较为显著[62]。试验证明,针灸搭配按摩疗法会比单只有按摩疗法更有助益。
跳转 ^ Henschke N, Ostelo RW, van Tulder MW; 等. Behavioural treatment for chronic low-back pain. Cochrane Database of Systematic Reviews. 2010, (7): CD002014. PMID 20614428. doi:10.1002/14651858.CD002014.pub3 (英语).
腰痛には、急な激痛が走るいわゆる「ぎっくり腰」と言われる腰痛の他にも様々な腰痛の種類があります。「腰が痛い!」と思ったとき、この痛みの原因はこの腰ね!!と思ってしまいますが、腰痛の原因はいろいろあって腰が理由だけではないことが多くあります。以前は、背骨の疾患であったり、内臓が原因の痛みや、関節・筋肉の損傷が原因だと見られていましたが、最近では心理的な影響も腰痛の原因に関わっているのでは?!という見方がなされています。
腰酸背痛的問題,壹旦出現的話,作為患者應該要采取積極的治療措施才可以。可以遵循下列的治療建議: 腰酸背痛問題出現以後,想到醫院裏面就診,先明確診斷出到底是哪些原因導致問題出現。知道了病因以後可以在醫生的叮囑之下服用壹定的止痛藥物,對於病癥比較嚴重的患者可以采用壹定的物理治療。 在治療完畢後,患者回到家裏面的時候也需要進行適當的護理,諸如經常做壹些按摩或者腰部鍛煉運動等等,這樣才能夠有效的緩解腰酸背痛問題的加劇。
下背痛至少从青铜器时代就开始困扰人类。目前所知最早的外科专著《艾德温·史密斯纸草文稿》(约可上溯至西元前1500年)中,描述了一次对脊椎扭伤的诊断测试和治疗。希波克拉底(约公元前460年-前370年)首先采用术语来称呼坐骨神经痛和下背痛;盖伦(活跃于公元二世纪中晚期)透过一些细节描述了这个概念。在第一个千禧年结束之前,还没有医生尝试过背部手术,而是建议观察性等待。直到中世纪,民间医学相信下背痛是由精神所引起,并以此为基础进行治疗[72]。
腰痛でお悩みの方~?!という場面があれば、たくさんの手が上がるでしょう!腰痛に悩む方はたくさんいます。主婦の友社が刊行している雑誌【腰痛に効く!全国治療院ガイド】も発売されていますが、こちらは主婦の友社の公式本です。こちらの本に紹介されているのは、もちろん腰痛治療の達人達。鍼灸、カイロプラクティック、整体といった様々なジャンルに渡って腰痛治療の達人が紹介されています。腰痛に悩む日本人の数はなんと、2800万人とも言われていて日本人の80パーセントが人生の間に腰痛を患う!とも言われています。腰痛を患っている人の多さがお分かりになると思います。
もちろん動くこともままならず、倒れるように横になってしまいました。もちろん話をしても、腰にズキンズキンと痛みが響くので大きな声で話すこともできずに、大変な目にあいました。病院に行こうにも動くのも思うように動けないので、ひたすら布団の上で少しでも痛みを緩和できるポジションをさぐりながら、横になるしかありませんでした。私の場合は、子供がいたので子どもに「ふとんをひいて」と指示を出すことができましたが、誰もいないときにぎっくり腰になったらどうしよう?!と不安になりました。【ギックリは突然にやってきます】その一撃はすごいパワーを秘めているので、急なぎっくりの時になにをすればいいのでしょう?!
主因椎間盤周圍的纖維環於成年後因磨損、退化、含水量遞減及外力的衝擊等逐漸出現裂痕,髓核的含水量也漸漸減少,緩衝能力減弱,當脊椎不斷重複受力,例如長期姿勢不正確,彎腰搬重物等,都會使髓核由纖維環的裂痕向外突出,形成〝椎間盤突出〞,有時突出的椎間盤直接壓擠到構成坐骨神經的神經根,便形成坐骨神經痛。突出的部位常見於第四至第五腰椎間及第五腰至第一薦椎間,症狀有劇烈背痛、腿麻、下肢疼痛甚至肌力減弱等。一般而言,多休息,避免彎腰或劇烈運動,養成正確姿勢,配合藥物及物理治療,多半可以改善,但在較嚴重的情況,出現如下肢無力、大小便失禁或內科治療仍無改善的患者,則需評估是否應接受外科治療。
^ 跳转至: 69.0 69.1 69.2 Vos, T. Years lived with disability (YLDs) for 1160 sequelae of 289 diseases and injuries 1990–2010: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2010.. Lancet. 15 December 2012, 380 (9859): 2163–96. PMID 23245607. doi:10.1016/S0140-6736(12)61729-2 (英语).
^ 跳转至: 14.0 14.1 14.2 Freedman MD, Woodham MA, AW. The role of the lumbar multifidus in chronic low back pain: a review.. PM & R: the journal of injury, function, and rehabilitation. 2010-03, 2 (2): 142–6. PMID 20193941. doi:10.1016/j.pmrj.2009.11.006 (英语).
最近の研究で、痛みと精神的な要素には密接なかかわりがあることがわかってきました。痛みを感じる神経が脳の感情などの精神状態をつかさどる部分にもつながっているため、痛みが長く続けば精神的な異常が起こってきます。その逆もしかりで、精神的な不安やうつうつした気分などが痛みを助長してしまうこともあるのです。 長引く痛みは辛いものですが、痛みにとらわれすぎずリラックスを心がけたり、趣味を楽しんだりなど精神的なケアを心がけることも考えてあげてください。
健康なときは何でもない寝起き動作も、痛みがあるときはなかなか思うようにいかないものです。腰が痛むときの起き上がり方のコツは、まず横向きになることです。どちらでも痛くない方に横向きになり、そこから下になった方の肘をついて徐々に上体を起こしていく方法が最も腰に負担がかかりません。ベッドなどであれば、横向きになった際に、脚を先にベッドから降ろしてしまってもかまいません。真っ直ぐに起き上がる方法は、腰への負担が強く、より大きな筋力が必要ですので、避けた方が良いでしょう。
たしかに日によって調子にムラがある方は多いです。たとえば、椎間板ヘルニアなどの場合、日によってヘルニアの飛び出し具合が変わるとは考えにくいですから、ヘルニアの存在以外に痛みをコントロールしている要素があるはずです。 それは自律神経であったり、循環状態であったりと様々ですが、ヘルニアが悪化しているわけではありませんからあまり心配することはありません。たとえ調子が悪い日も、「ムラがあるのが当たり前」と、気にしすぎることなく過ごすのが精神的にも健康的かと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *